荷物処分と引越しの専門業者・埼玉・東京・千葉・神奈川

 

 
 
 
 
 荷物処分料金のご案内
◆トラック別荷物処分料金◆荷物処分料金家財道具処分料金 ◆粗大ゴミ積み放題回収◆引越しと荷物処分料金は、別途お見積り
引越し・荷物処分は、クレーム0の安心業者のライフサービスで
 ライフサービスは、ゴミとお引越し・荷物処分を専門に行う会社です。着実な実績で専門業者として過去6年間クレーム0を更新中の安心・親切な業者としてご好評をいただいてあります。
また、お客様からのお仕事の評価を自由に書き込みできる口コミ掲示板を導入しております

口コミ掲示板⇒入室 

ご利用検討のお客さまは、スタッフの仕事ぶりの確認もできます

 ゴミ回収・荷物処分のライフサービス
ゴミ回収受付センター
03-6912-0521(全店共通)

午前8時から夜8時まで、年中無休
営業店舗/埼玉・東京・千葉・神奈川・群馬
荷物処分ご相談センター
03-5860-6515(全店共通)

 午前8時から夜7時まで、年中無休
経験豊富な店長・大野勝彦が、お荷物の様子・お仕事の内容をお聞きしてご予算などご案内をご案内しております。
生活福祉課・社会福祉協議会:協力店 
住環境改善家財処分見積もり歓迎
主な参加地域:所沢市・東村山市・川越市・さいたま市・板橋区・春日部市・松戸市・川口市・川崎市・富士見市・ふじみ野市・東大和市・志木市・東久留米市・その他
夜間専用:050-3134-4757
午後7時から深夜0時まで
メール受付・相談
受付時間外のご連絡は、メールでお願いします。翌日午前中には、ご連絡いたします。
メールはこちらから なお、当店のメール通信は、SSL通信で安全に保護しております。また、お客さまのメール情報は、管理者のみが閲覧し、定期に削除を徹底しております。

即日回収のお願い
当店では、可能な限り、埼玉店(所沢店・入間店・戸田店・川口店・春日部店)・神奈川店(横浜店)・千葉店(松戸店・浦安店)・東京店(渋谷店・板橋店・豊島店)・群馬店より配車を行って即日回収に努力しておりますが、繁忙期には、お応えできないこともございます。あらかじめご了承ください。
深夜回収・深夜作業のお願い
深夜のお仕事依頼は、午後3時までにお申し込みをお願いいたします。
荷物の撤去と処分
荷物処分アパート・マンション・一軒家の家具・家電・生活ゴミ・資源ゴミまとめて、家財・荷物処分・
お引越しで不用になった家電・家具・生活用品や生活ゴミの回収・荷物処分とお引越し・お掃除までお受けしています
お引越し屋さんでは、まねできない引越しと荷物処分がセットした便利なサービスが【引越し楽々セット】です。
当店のお引越しは、不用品処分より引越し荷物が少ない場合にご利用いただけます。引越し荷物が多い場合は、引越し屋さんのほうが経済的です

お引越し+荷物処分セットは、こんな方にご利用いただいております
近くへお引越しの方・少量荷物をお引越ししたい方、不用品・ゴミが多くてお引越し荷物の準備が難しい方、当店がまとめてお引越しと処分を致します
荷物まるごと撤去と処分
いろいろな荷物処分とゴミ処分をお受けしています。アパート・マンション・団地・一軒家の空き家・実家の不用な荷物やゴミなどを生活していたままで、まるごと処分いたします。処分した後のお部屋のお掃除もお任せください。
荷物・ゴミのまるごと処分の詳細は、こちらから 
◆お引越しの際の荷物処分◆大量の荷物処分◆倉庫・事務所の荷物処分◆お部屋まるごと荷物処分◆残置物の荷物処分◆空き部屋の荷物処分◆粗大ゴミ・家電の回収・処分◆生前整理としての家財道具の処分生活福祉課からの家財処分
埼玉・千葉・東京・神奈川地区では、
お部屋の荷物まるごと処分・回収サービス実施しています
スタッフがゴミ不用品・家財道具の整理・分別・搬出引き取り・処分とお掃除も行っています。

当店自慢の【引越しと荷物処分セット】の特徴

◆お客様は、指示だけでOK
お客様は、お引越し荷物を指示していただくだけです。お引越しの荷造り・梱包の作業は、お客さまのお手を煩わすことは、ありません。お客さまの指示に従ってスタッフが荷造り・梱包を行い、引越し用のトラックに積み込んでいきます。
◆お客様は、ご不在でもOK
お引越し荷物がわかるメモをいただけるなら後は、当店のスタッフがお引越しとお部屋の片付けを行います。撤去後のお掃除、退去時の確認作業も責任を持って行います。
◆荷物の多いお客様も楽々
お部屋に荷物がたくさん詰め込んだ状態でも楽々です。スタッフがお客様と確認しながらお引越し荷物の梱包、搬出と併せて不用品・ゴミの撤去を平行して作業を行います。一部屋ずつお部屋を空っぽに仕上げていきます。
◆遠方引越しも格安
遠方のお引越しは、当店で格安のトラック便や引越し便を手配いたします。手配の費用、営業所への荷物の持ち込み費用などは無料ですが、引越し会社への費用はお客様でご負担いただきます。
◆近くの引越しは、無料
30分以内の距離で、スタッフ一人で対応できる少量荷物なら無料です。無料の範囲を超えたら市価の半額でお引越しできますので、割安です。

荷物処分30年度実績

高齢者のうつ病と荷物処分
「高齢の父がうつ病になり、荷物をためてしまった」という娘さんからの依頼です。意外と知られていませんが、高齢になってから、うつ病を発症するケースがあります。人によっては、それが認知症につながる可能性もあり、早い段階での対処が大切です。スタッフもすぐに対応することにしました。アパートにあるゴミ袋を処分し、汚れた水回りをクリーニングしました。すべての作業が終わると、お父様の表情も明るくなりました。

熱中症と荷物整理
「退職後、身の回りを整理しようとしたが、夏の暑さで熱中症になりそうだ」と70代の男性からご相談がありました。スタッフが男性の住むマンションに到着すると、室温が30度を超える部屋で男性が荷物を分けています。男性は冷房が苦手だという話でした。スタッフも汗をかきながらも、一生懸命に作業を進めました。

高齢者の住み替えと荷物処分
「バリアフリーの高齢者向け住宅に住み替える、荷物を半分くらいに減らしたい」と80代のご夫婦からご連絡がありました。スタッフが到着すると立派な一軒家でしたが、広すぎて荷物を分けるだけでも大変な作業です。スタッフは、ご夫婦に確認を取りながら荷物を分けて、不用物をトラックで運び出しました。

病気療養と荷物処分
「入院中だが、自宅療養できるようにアパートをキレイにしてほしい」と男性から電話がありました。男性と何回かやり取りを繰り返した後、スタッフだけで荷物処分することになりました。アパートは、ゴミが散乱し水回りも汚れている状態でしたが、ゴミの処分とクリーニングをするとキレイなお部屋になりました。その後、男性から「今、自宅療養しながらリハビリをしている、ありがとう」とお礼のお言葉を頂きました。

モメる家族と遺品整理
核家族化とともに家族間のコミュニケーションが減り、相続でモメる家族が増えています。今回もそのようなお客様でした。「兄弟で遺品整理ができないので、お願いしたい」という依頼で、印鑑や預金通帳など相続に必要な物はまとめておいてほしいという要望でした。スタッフは、ひとつひとつの荷物を丁寧に取り扱い、1日かけて遺品整理に取り組みました。

お母様からのお手紙と荷物処分
「息子の部屋に泊まって荷物の処分を進めたが終わらない、残りの荷物を回収してほしい」とお母様からご連絡がありました。スタッフが到着すると、2DKのアパートでした。息子さんは仕事でいないため、スタッフだけで作業することになりました。お母様からスタッフへ丁寧なお手紙があり、その指示通り荷物を処分しました。

ビルのオーナー様からの依頼
「ビルを売却することになった、残っている荷物を処分してほしい」とオーナー様からご連絡がありました。3階建てのビルは、オフィスだったご様子でデスクやロッカーなど事務用品が置いてありました。スタッフ数名で、荷物を運び出しました。すべての荷物を回収すると、2トントラック3台分の量になりました。

真冬の遺品整理
「遺品整理中だか、冬の寒さから作業が進まず困っている」とご家族から依頼がありました。ご家族によると、火事が怖くてストーブすら使えず、寒さでテンションも下がり、作業に終わりが見えないと言います。スタッフがかけつけると、ご家族が身を寄せながら遺品整理をしていました。すぐに経験豊富なスタッフが、そこに加わり、その後はスムーズに遺品整理が進みました。

リフォーム前のキッチン整理
「キッチンをリフォームする、古い食器棚などを回収してほしい」と主婦の方からの依頼です。スタッフがマンションに到着すると、食器棚の他にも、ミキサーや電動泡立て器、サビや焦げが気になるフライパンや鍋などがたくさんありました。収納棚からすべての荷物を出した後、不用物を分けるなどして、リフォームできる状態にしました。

単身赴任の荷物処分
「単身赴任が終わり退去する予定だが、増えすぎた荷物をどうにかしたい」と50代の男性からお電話がありました。スタッフが行くと、ワンルームにはスーツやワイシャツが重なるように置かれ、コンビニ弁当やペットボトルなども散乱していました。スタッフは、不用物をゴミ袋に詰め、使わない家電を回収しました。最後に、軽くクリーニングを行いました。

お客様用の布団の処分
「年末に大掃除をしていたらお客様用の布団が大量に出てきた、引き取ってもらえないか」と主婦の方からご相談がありました。後日、スタッフが引き取りに伺うとそこは豪華な一軒家でした。和室にある押し入れいっぱいに布団や座布団がありました。押し入れはカビ臭く、開くだけでホコリが舞っていました。スタッフが、すべての布団を回収しました。

印刷会社の荷物処分
お客様は80代の男性です。「印刷業を営んでいたが、たたむことになったので、残った機材を回収してほしい」と連絡がありました。小さな工場へ行くと、真っ黒のインクで汚れた作業着や古い機材が数台ありました。スタッフが機材を回収し軽く掃除を行うと、お客様から「気持ちもスッキリした」と喜んでいただきました。

R
結婚のための荷物処分
「結婚を機に家具を新しくする、荷物処分をお願いしたい」と30代の男性から依頼がありました。スタッフがマンションに到着すると、すでに男性が古い衣類をゴミ袋に詰めていました。お部屋は2LDKで「ベッド」「テーブル」「壊れたパソコン」などがあり場所をとっていました。スタッフは、古い家具や家電を運び出し、新しい家具が置けるスペースを作りました。

実家へ帰るための荷物処分
ひとり暮らしの女性からの依頼です。「高齢になった両親のため実家へ帰ることにした、荷物の処分を手伝ってほしい」とお電話がありました。アパートにスタッフが到着すると、女性は実家へ送る荷物と処分する荷物を分けているところでした。大きな家具や家電をスタッフが運び出し、女性はその後実家へ帰ったと連絡がありました。

介護施設の入居と荷物処分
「介護付きのマンションに入居する、そこには備え付けの家具があるので荷物を減らしたい」と80代の女性からご相談を受けました。スタッフがアパートに入ると、荷物の量に驚きました。女性は物を捨てるのに抵抗があるということで、玄関から物が積み上がっていました。比較的狭い部屋でしたが、トラック1台分の荷物がありました。

家の売却と家財処分
「一戸建てを売却する、部屋のすべての荷物を回収してほしい」とご夫婦から依頼がありました。スタッフが家に到着すると、すでに家財とピアノだけの状態になっていました。しかし、部屋数も多く、荷物を運び出すだけでも大変です。すべてを回収すると2トントラック1台分の量になりました。

犬小屋の処分
「古い犬小屋を数個、処分してほしい」という依頼がありました。スタッフが到着すると、玄関からご主人と一緒に犬が数匹出てきました。庭には木製の犬小屋、室内にも金属製のゲージが数個ありました。スタッフが、すべての犬小屋をトラックに運びました。作業が終わるとご主人から「部屋が広くなった、プロは手際が良い」と喜びの声を頂きました。

アパートの建て直しと荷物処分
「アパートの建て直しが決まったので退去する、不要な荷物を処分したい」と男性からご連絡がありました。すでに、必要な荷物はまとまっており、残りの家具や家電を撤去するだけになっていました。しかし、エレベーターのない3階のアパートから荷物を運び出すのは大変で、時間のかかる作業となりました。

荷物処分はお嫁さんから依頼
「夫の実家にある、増えすぎた荷物を撤去してほしい」とお嫁さんからご相談がありました。お嫁さんが荷物を処分すると義理母とケンカになってしまうというお話です。さっそく、スタッフがご実家に向かうと高齢のご夫婦が出迎えてくれ、荷物の処分もスムーズに進みました。荷物処分は、家族間のトラブルを避けるために業者に頼むというのもひとつの方法です。

ゴミと同居する男性の荷物処分
「仕事のストレスからうつ病になり、人に会うことが怖くてゴミの処分ができなくなった」というメールが届きました。その後、スタッフがメールと電話のやり取りを繰り返し、作業日を決めました。スタッフがお客様のところに向かうとそこはオシャレなマンションでした。しかし、お客様は大量の荷物と同居してるような状況でした。スタッフは、お客様のお気持ちに寄り添って、ひとつひとつ確認しながら荷物を処分することにしました。

ひとりで抱え込む遺品整理
「妻の遺品整理をしたい」とご主人様からご連絡がありました。スタッフが行くと、ご主人が出迎えてくれました。子供がいないご夫婦で、頼る人がいないと言います。スタッフは、ご主人の意見を聞きながら遺品整理を進めました。すると、手芸道具が出てきました。奥様は手芸サークルに通っていたと言います。思い出の品は、少し残し飾っておくことにしました。

認知症とゴミの処分
「ゴミの処分とクリーニングをお願いしたい」と娘さんからお電話がありました。スタッフがアパートに行くと、娘さんが事情を話してくれました。久々にひとり暮らしの母親のところへいくと、キッチンやお風呂が汚れており、ゴミも玄関に溜まっていた、心配になり病院に行くと認知症だったと言います。スタッフは、ゴミと荷物を処分して、できるだけお母様が動きやすい部屋にしました。

荷物処分と不法投棄
「庭に荷物を置いていたら不法投棄と間違えられて苦情が来た、すぐに撤去してほしい」と男性からご依頼がありました。急ぎの様子だったためスタッフが駆けつけると、庭の隅に壊れた自転車がサビついた家電がまとめて置いてありました。スタッフが荷物を運び出し、キレイな庭になりました。

住み替えと荷物処分
高齢のご夫婦からご連絡がありました。「現在住んでいる広い家から、狭めのマンションに住み替える。荷物処分を手伝ってほしい」という内容です。古い家財は処分して、ゴルフ道具などは近くのトランクルームへ置きたいという要望もありました。スタッフは荷物の整理や梱包を行い、家財を回収した後に必要な荷物はトランクルームにお届けしました。

結婚のための荷物処分
「結婚を機に家具を新しくする、荷物処分をお願いしたい」と30代の男性から依頼がありました。スタッフがマンションに到着すると、すでに男性が古い衣類をゴミ袋に詰めていました。お部屋は2LDKで「ベッド」「テーブル」「壊れたパソコン」などがあり場所をとっていました。スタッフは、古い家具や家電を運び出し、新しい家具が置けるスペースを作りました。

実家へ帰るための荷物処分
ひとり暮らしの女性からの依頼です。「高齢になった両親のため実家へ帰ることにした、荷物の処分を手伝ってほしい」とお電話がありました。アパートにスタッフが到着すると、女性は実家へ送る荷物と処分する荷物を分けているところでした。大きな家具や家電をスタッフが運び出し、女性はその後実家へ帰ったと連絡がありました。

介護施設の入居と荷物処分
「介護付きのマンションに入居する、そこには備え付けの家具があるので荷物を減らしたい」と80代の女性からご相談を受けました。スタッフがアパートに入ると、荷物の量に驚きました。女性は物を捨てるのに抵抗があるということで、玄関から物が積み上がっていました。比較的狭い部屋でしたが、トラック1台分の荷物がありました。

家の売却と家財処分
「一戸建てを売却する、部屋のすべての荷物を回収してほしい」とご夫婦から依頼がありました。スタッフが家に到着すると、すでに家財とピアノだけの状態になっていました。しかし、部屋数も多く、荷物を運び出すだけでも大変です。すべてを回収すると2トントラック1台分の量になりました。

犬小屋の処分
「古い犬小屋を数個、処分してほしい」という依頼がありました。スタッフが到着すると、玄関からご主人と一緒に犬が数匹出てきました。庭には木製の犬小屋、室内にも金属製のゲージが数個ありました。スタッフが、すべての犬小屋をトラックに運びました。作業が終わるとご主人から「部屋が広くなった、プロは手際が良い」と喜びの声を頂きました。

アパートの建て直しと荷物処分
「アパートの建て直しが決まったので退去する、不要な荷物を処分したい」と男性からご連絡がありました。すでに、必要な荷物はまとまっており、残りの家具や家電を撤去するだけになっていました。しかし、エレベーターのない3階のアパートから荷物を運び出すのは大変で、時間のかかる作業となりました。

荷物処分はお嫁さんから依頼
「夫の実家にある、増えすぎた荷物を撤去してほしい」とお嫁さんからご相談がありました。お嫁さんが荷物を処分すると義理母とケンカになってしまうというお話です。さっそく、スタッフがご実家に向かうと高齢のご夫婦が出迎えてくれ、荷物の処分もスムーズに進みました。荷物処分は、家族間のトラブルを避けるために業者に頼むというのもひとつの方法です。

ゴミと同居する男性の荷物処分
「仕事のストレスからうつ病になり、人に会うことが怖くてゴミの処分ができなくなった」というメールが届きました。その後、スタッフがメールと電話のやり取りを繰り返し、作業日を決めました。スタッフがお客様のところに向かうとそこはオシャレなマンションでした。しかし、お客様は大量の荷物と同居してるような状況でした。スタッフは、お客様のお気持ちに寄り添って、ひとつひとつ確認しながら荷物を処分することにしました。

ひとりで抱え込む遺品整理
「妻の遺品整理をしたい」とご主人様からご連絡がありました。スタッフが行くと、ご主人が出迎えてくれました。子供がいないご夫婦で、頼る人がいないと言います。スタッフは、ご主人の意見を聞きながら遺品整理を進めました。すると、手芸道具が出てきました。奥様は手芸サークルに通っていたと言います。思い出の品は、少し残し飾っておくことにしました。

認知症とゴミの処分
「ゴミの処分とクリーニングをお願いしたい」と娘さんからお電話がありました。スタッフがアパートに行くと、娘さんが事情を話してくれました。久々にひとり暮らしの母親のところへいくと、キッチンやお風呂が汚れており、ゴミも玄関に溜まっていた、心配になり病院に行くと認知症だったと言います。スタッフは、ゴミと荷物を処分して、できるだけお母様が動きやすい部屋にしました。

荷物処分と不法投棄
「庭に荷物を置いていたら不法投棄と間違えられて苦情が来た、すぐに撤去してほしい」と男性からご依頼がありました。急ぎの様子だったためスタッフが駆けつけると、庭の隅に壊れた自転車がサビついた家電がまとめて置いてありました。スタッフが荷物を運び出し、キレイな庭になりました。

住み替えと荷物処分
高齢のご夫婦からご連絡がありました。「現在住んでいる広い家から、狭めのマンションに住み替える。荷物処分を手伝ってほしい」という内容です。古い家財は処分して、ゴルフ道具などは近くのトランクルームへ置きたいという要望もありました。スタッフは荷物の整理や梱包を行い、家財を回収した後に必要な荷物はトランクルームにお届けしました。

立ち会いなしの遺品整理
会社員の男性からのご依頼です。「できることなら遺品整理は家族で行いたいが、時間的に余裕がないためプロに任せたい」という内容です。時計、宝石、美術品などの貴重品は兄弟で形見分けしたいというご要望もありました。数日後、男性は仕事のため立ち会いなしで、スタッフがすべての作業を行いました。丁寧に小物を分け、その後、貴重品を男性に手渡しました。

出せないゴミ袋の処分
「大量のゴミをためてしまった、しかし、近所の目も気になりゴミを出すことができない」という女性からのお電話がありました。スタッフがアパートに到着すると、部屋中がゴミ袋だらけです。害虫も発生し衛生状態も良くありません。スタッフは、ゴミ袋をどんどんトラックに積んでいきました。その後、水回りなどをクリーニングしてキレイなお部屋を取り戻しました。

別荘の荷物処分
「別荘を売却することになった、しかし、自宅に置けない荷物を別荘に移動させているうちに、別荘が物置のようになってしまった」という依頼がありました。スタッフが別荘へ入ると、玄関から新聞紙が山積みになり、ゴルフ道具などの荷物があふれていました。この状態では、売却したくてもできません。スタッフがすべての荷物をトラックに運び出し、処分しました。

パソコンの処分
「昔のパソコンやプリンターが数台あるが、処分に困っている」と40代の男性からご相談を受けました。古いパソコンはサイズが大きく重い物が多いため、運び出すだけでも大変です。後日、スタッフが引き取りにいくことになり、適切に処分しました。

苦手な整理整頓と不用物の処分
「着ていた洋服をその場に置いていた、それを繰り返しているうちにゴミだらけになってしまった」と女性からお電話を頂きました。女性は、もともと整理することが苦手だと言います。スタッフがワンルームのマンションに到着すると洋服やゴミが地層のように重なり、足の踏み場がありません。最低限の洋服を残し、あとはゴミ袋に詰めて処分しました。

美容グッズの処分
「美容系の仕事のため、整髪料や香水などが増えて困っている」と30代の男性からご連絡がありました。香水は、瓶と中身を分ける必要があり、ヘアスプレーの缶などは自治体によって処分方法が変わります。そのため、ひとりで大量の処分をするのは大変です。そこで、スタッフが伺うことになりました。本棚やタンスの中などいたるところに美容家電、化粧水や乳液などがありました。スタッフがそれらをすべて分別し適切な方法で処分しました。

介護用品の処分
「長年、介護していた父が亡くなり、介護用品やベッドなどを処分したい」と娘さんから電話がありました。スタッフが到着するとそこは団地の4階でした。6畳の和室に大きなベッドがあり、小さな机には大量の薬、床にはオムツや衣類が積み重なっていました。スタッフは娘さんと一緒に、荷物を確認しながら処分していきました。

大量の食器の処分
かつて小料理屋を営んでいたという80代の女性からの依頼です。「古い食器、テーブルや椅子などを処分してほしい」と言います。さっそくスタッフが伺うと、カウンター席と畳の席がある小さなお店でした。すでにキレイに整理されていましたが、さまざまな形の食器が大量にありました。スタッフは、食器が割れないように慎重に扱いました。

荷物処分をしてキレイな部屋に
荷物が散乱した部屋では、家族や友人を入れることができず、孤独になるケースがあります。そのため、部屋はある程度キレイにすることが大切です。今回はそのような「部屋をキレイにして友人を呼べるようにしたい」という女性からの依頼でした。スタッフが、女性の指示を伺いながら古い家具や家電を処分しました。作業が終わると、風通しも良くなり快適な部屋になりました。

石油ストーブの処分
「孫が遊びに来るので石油ストーブやライターなど、火を使うような危険物を処分したい」と60代の女性からご相談を受けました。スタッフが一軒家に到着すると、古いストーブが3台あり、ライターやマッチも大量に見つかりました。安全のために、それらをすべて回収しました。

倉庫まるごと処分
家庭菜園が趣味だったという男性からの依頼です。「庭にある倉庫に、肥料や農薬、殺虫剤のスプレー缶など処分に困るものがある、倉庫も含めてすべて回収してほしい」という内容です。スタッフが向かうと、劣化してボロボロになった倉庫の中に、大量の荷物がありました。先に荷物を運び出し、最後に倉庫を数名のスタッフでトラックに乗せ、そのまま処分することになりました。

なかなか進まない遺品整理
遺品整理は悲しさを誘う作業のため、思うように進まないケースがあります。今回は、そのようなご家族からの依頼でした。数日後、スタッフが向かうとご家族は懐かしい物が出てくるたび処分に迷っている様子でした。そこで、手が止まってしまう物は、とりあえず段ボールへ入れることを提案しました。すると、作業効率が上がり、無事に遺品整理を進めることができました。

仏壇の処分
「遠い親戚の仏壇がある、引き継ぐ者がいないため処分したい」とお電話がありました。スタッフがお客様の家に到着すると、6畳の和室に大きな仏壇と立派な仏具がありました。お客様から「先祖の位牌以外は引き取ってほしい」と言われ、スタッフが仏壇や仏具を運び出しました。しかし、仏壇の裏がホコリだらけです。スタッフは軽く掃除を行い、作業を終わらせました。

ストレスになるゴミの処分
「遺品整理で、大切な物はすでに保管した。しかし、ゴミの処分が終わらない」とご長男様からご連絡がありました。スタッフがアパートに到着すると、家具、家電、衣類だけの状態になっていました。スタッフがそれらを素早く運び出しました。すると、ご長男様から「ゴミの処分だけがストレスだった、プロに任せて良かった」と喜びの声をいただきました。

家具の処分と集合住宅
「古い家具を粗大ゴミとして出したいが、集合住宅の5階のため自分では運び出せない」とご高齢の男性からお電話ありました。スタッフが伺うと、エレベーターはあるものの廊下が狭く、荷物を運ぶのが大変な場所でした。それでも、なんとか家具を運び出しました。作業が終わると、スッキリとしたお部屋になりました。

住人に迷惑を掛けない作業
「本棚やタンスなどの家具を撤去してほしいが、まわりの住人が厳しいので、できるだけ静かに迷惑を掛けないように作業をしてほしい」と女性から電話がありました。スタッフが「エレベーターが混み合う朝を避け、作業は大きな物音を立てないようにする」と伝えるとお客様も安心され、さっそく作業に入りました。まわりの住人からクレームが入ることもなく、スムーズに作業を終えました。

カビだらけのタンスの処分
「タンスの裏にカビが生えてしまった、衛生的にも気になるのですぐに処分してほしい」とご夫婦から連絡がありました。急ぎでスタッフが行くと、そこはオシャレなマンションでした。部屋は2LDKで、広めの寝室に大きなタンスが3つありました。それぞれ立派なタンスでしたが、裏はカビで黒ずんでいました。スタッフがすべてのタンスを運び出しました。

荷物処分と駐車スペース
「親の荷物を自分で運び出し処分するつもりだったが、住居と駐車場が離れており、ひとりでは荷物処分ができないので手伝ってほしい」とご相談がありました。駐車スペースを確保し、数名のスタッフで対応することを説明すると、お客様も納得され作業を始めることになりました。

台所まわりをキレイに
40代女性からのご依頼でした。「ひとり暮らしの母親のために、台所を整理整頓して使いやすくしたい」と言います。当日、スタッフが伺うと食器棚にはレトルト食品や缶詰などストックが大量に押し込まれていました。スタッフが、食品の賞味期限をチェックしながら必要な物と不要な物を分け、古い家具も運び出しました。物が少なくなるだけで、快適な台所になりました。

家族で行き詰まる荷物処分
「荷物の多い部屋で親が暮らしている、物につまずいてケガをしないか心配だ」と息子さんからご相談を受けました。スタッフが伺うと、確かに、衣類やタンス、段ボール箱など荷物が多い家でした。そこで、スタッフは古い家具や家電を運び出すことにしました。家族の間で荷物の処分に行き詰まっていたのでプロに依頼して良かったと息子さんに喜んで頂きました。

ガレージの荷物処分
「ガレージに壊れた自転車や三輪車、子供の玩具、割れた植木鉢などが置いてあるので処分してほしい」と男性からご依頼がありました。スタッフが伺うと、狭いガレージに荷物が山積みになり、その量に圧倒されるほどです。スタッフが、ひとつひとつ運び出し、すべてを処分しました。

絵の処分
「趣味が絵で集めいていたら増えすぎてしまった、引き取り手がいないので処分したい」と80代の男性からご連絡がありました。スタッフが行くと、レトロなポスター、日本画、洋画、掛け軸などが直置きされ6畳の和室を占領しています。サイズが大きく額縁が重い絵もあり、ひとりでは運べず、スタッフ2人で運び出しました。すべての絵を撤去すると、広々した安全な部屋になりました。

後回しになった遺品整理
「持ち家だからと遺品整理が後回しになっていた、しかし、家の老朽化が気になり急いで遺品整理をしたい」と息子さんからお電話がありました。メンテナンスせずに時が過ぎた家は、壊れた部分もあり危険な状態です。スタッフは、動線を確保しながら慎重に遺品整理を進めました。作業が終わると、息子さんから「これなら安心して更地にできる」とお言葉を頂きました。

大型家具の処分
「リビングにドンと構える家具を処分してほしい」と高齢のご夫婦からご連絡を受けました。スタッフが伺うと、大きなソファや大きな食器棚など、大型家具がとにかく多いマンションでした。エレベーターのない3階だったため、住人に迷惑をかからないようにスタッフが階段を使って運び出しました。

面倒な家電の処分
「ブラウン管テレビが数台と、古い冷蔵庫を処分したいがリサイクル法があってお金がかかるので、そちらでまとめて撤去してほしい」とご連絡がありました。スタッフがお客様のところへ行くと、ホコリをかぶったテレビや冷蔵庫が置いてありました。すべての家電をトラックに運び出し、その後、家電を適切に処分しました。

衣類の処分
「親が遺した洋服、着物、スーツがタンスや押入れにある、衣類の処分を手伝ってほしい」とお電話がありました。その衣類を家族で引き取りたいが、好みゃサイズも違い処分する以外に方法がないと言います。そこでスタッフは「思い出の品だけを残し、あとは処分してはどうか」とお話しし、不要な衣類だけを処分することになりました。

 

仏壇の処分

「遠い親戚の仏壇がある、引き継ぐ者がいないため処分したい」とお電話がありました。スタッフがお客様の家に到着すると、6畳の和室に大きな仏壇と立派な仏具がありました。お客様から「先祖の位牌以外は引き取ってほしい」と言われ、スタッフが仏壇や仏具を運び出しました。しかし、仏壇の裏がホコリだらけです。スタッフは軽く掃除を行い、作業を終わらせました。

 

 遺品整理
甥御さんからの遺品整理の依頼がありました。亡くなった叔母は独身でお子様がいないというお話です。「アパートにある荷物をすべて処分してください」と指示を受け、すぐにスタッフが作業に入りました。途中で、指輪やネックレスが見つかりました。甥御さんに渡すと、「叔母が特別に日だけ身に付けていた物だから形見として取っておきます」とお礼を言われました。

生前整理の荷物処分
「生前整理のために荷物の処分したい」と高齢の女性からお電話がありました。生前整理とは、元気なうちに荷物を整理して今後の人生を楽しむというものです。スタッフはお客様と一緒に、必要なものと不要なものを分け、古い家具や電化製品、衣類などを処分しました。荷物が減った分、部屋が広く感じます。お客様にも、「動きやすく快適なお部屋になった」と喜びの声を頂きました。

冷蔵庫の処分
「実家に帰省するたび、荷物が増えている。まずは、たくさんある冷蔵庫を処分してほしい」と息子さんからお電話がありました。スタッフが家へ向かうと2階建ての3LDKでした。1階に大型と小型の冷蔵庫があり、2階にも小型の冷蔵庫が2台、合計4台の冷蔵庫がありました。結局、大型冷蔵庫を1台残し、あとは処分することにしました。

大掃除後の荷物処分
「年末、会社を大掃除していたら、古いデスクやライト、壊れたロッカーなどが出てきた、早く撤去してほしい」と、ある会社様からご依頼がありました。さっそく、スタッフが向かうとその会社はビルの3階にありました。担当の方の指示を受けながら、スタッフが不用物を運び出しました。

はじめての遺品整理
「遺品整理がはじめてです。どうやって荷物を処分すれば良いのか、わからない」とご相談をいただきました。スタッフが作業内容や見積もりを丁寧に説明し、その後お伺いすることになりました。アパートに到着すると、お客様が貴重品を確認してる様子でした。スタッフは、玄関に近い部屋から作業を始め、こたつ、タンス、本棚と床に置いてある物から順番に運び出しました。そして、最後に押入れにある荷物を処分しました。

大型家具の処分
「大きな家具を運び出せない、家まで来てそのまま引き取ってほしい」と高齢のご夫婦からご依頼がありました。スタッフが向うと、そこはエレベーターがないマンションの3階でした。スタッフが階段を使い、ソファーや食器棚、ベッドなどをトラックに運び出し、処分することになりました。

相続と遺品整理
「遺品整理をお願いしたいが、そのとき相続に必要な物を探してほしい」と故人の親戚からご相談がありました。銀行では亡くなった方の口座は凍結してしまいます。そのため、通帳の他に印鑑も必要になり、その他にも土地や建物の権利書、保険証券なども大切な財産です。スタッフは作業を進めながら、それらを一生懸命探し、親戚に手渡しました。

ベランダに放置された荷物
「粗大ゴミを捨てる方法がわからず、ゴミをベランダに置いてる」と20代の男性からお電話がありました。スタッフが行くと、そこはワンルームのマンションでした。ベランダには、金属製の棚や中身が入ったプラスチック製収納ケースなど置いてあり、窓が開きにくくなっているほどでした。スタッフが不用物を運び出すと、ベランダが使いやすくなりました。

大量の衣類
「スカート、ズボン、ブラウス、ジャケットなどが大量にある、タンスと一緒に処分してほしい」と姉妹からご連絡がありました。アパレル系の仕事をする姉妹は、衣類が増えるスピードが早いと言います。スタッフがマンションに到着すると、姉妹が鏡の前で洋服を体にあてながら、「いる」「いらない」を分けていました。スタッフは、さっそくいらない服をゴミ袋に詰め、古いタンスも回収しました。

 お気軽にお電話ください

当店では、経験豊富な店長が直接お客様の相談に応じています。お気軽にお問合せくださいね。
ゴミ屋敷片付け専用ダイヤル 
年中無休03-5860-6515
 午前8時から午後7時
夜間専用:050-3134-4757
午後7時から深夜0時まで
メール見積もり・ご相談は、こちらから

 

埼玉地区荷物処分担当店
所沢中央店・埼玉県所沢市弥生町2893-27 ゴミ回収担当店・埼玉県所沢市山口1959-7
入間本店・埼玉県入間市上藤沢881-1狭山店・埼玉県狭山市祇園19-1 さいたま店・埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-446春日部店・埼玉県春日部市緑町6-6-15 

戸田店・埼玉県戸田市本町 4-4-6
千葉地区の荷物処分担当店
千葉店・千葉県松戸市本町11-4 浦安店・千葉県浦安市美浜1-3
神奈川地区の荷物処分担当店
横浜店・横浜市中区曙町3-42-1 綱島店・横浜市港北区綱島東1-13-2
群馬・埼玉北処荷物処分担当店
群馬店・群馬県邑楽郡明和町新里225-4
東京地区荷物処分担当店
豊島店・豊島区南大塚2-11-10 板橋店・板橋区南常盤台1-11-6 渋谷店・東京都渋谷区渋谷2-7-14 港店・東京都港区芝5-27-3
荷物処分地域
埼玉県全域・東京都全域・千葉県(浦安市・鎌ヶ谷市・千葉市・野田市・柏市・松戸市・市川市・船橋市・習志野市・八千代市)神奈川県(横浜市・座間市・海老名市・大和市・川崎市・綾瀬市・相模原市・厚木市)です。
当店では、過去6年間クレーム0を更新しております。万一ご迷惑をおかけしましたら社長室付管理本部でお受けいたしますので、申し立てお願いします。至急対処いたします。 クレーム受付
当店お勧めのお引越しと荷物処分の楽々セット
荷物の分別整理・梱包・荷物の処分・お引越し・お掃除までのセットです。お引越しが近くで少量は、無料です。
お引越しには、大切なお客さまの荷物は、専用トラックを使います。
←引越し専用トラック
引越しに使用するトラックとゴミを積むトラックは、異なり、引越し専用の2トン箱型トラック・フォロ付トラックを使用しています。ゴミは、平ボディートラックを使用しています。
そのため、当店では、引越し専用トラックは、全営業所に配置しておらず、主な拠点に配置して待機しております。

←荷物処分専用トラック
ゴミの積載は、積み下ろしが楽なようにこのような平ボディートラックを使用いたします。当店では、軽トラックから2トントラックを使用して作業効率を上げております。
 
 
簡単ホームページ作成